Home > ニューヨーク市観光局とBOOKING.COMがパートナーシップ締結

ニューヨーク市観光局とBOOKING.COMがパートナーシップ締結

  • Posted by: staff
  • 2013年10月18日 09:00

ニューヨーク市観光局と世界最大宿泊予約サイトのBOOKING.COMが
新しいパートナーシップを締結!

imagesCADGH3NA.jpg

~米国最大ホテル予約サイトBooking.com をアメリカ最大の観光デスティネーション向けの専用ホテル予約エンジンとして導入~

ニューヨーク市観光局(NYC & Company、本局:アメリカ合衆国、ニューヨーク市/CEO:ジョージ・ファティータ)はこの度、より多くの観光客のニューヨーク市滞在を促進するため、世界最大の宿泊予約サイトBooking.com との提携を新たに発表しました。
Booking.com はニューヨーク市の公式観光サイトnycgo.comの専用のホテル予約エンジンとなり、ニューヨーク市観光局が契約するホテルにおいて、繁忙期に増加する宿泊予約を強化していきます。

ニューヨーク市観光局のウェブサイト上に、専用サイトnycgo.com/hotelを開設し、
観光業界初のeコマースプラットフォームを通じて
ニューヨーク市のホテルを直接予約することが可能となりました。

本年末までに、ニューヨーク市内の5行政区で、
総客室数は9万8千室に増加する見込みで、
また2016年までにその数は11万室に達する予定です。
2013年7月現在、1年間で販売されたホテルの宿泊数は1700万室におよび、
2012年の7月時点での年間販売数1600万室から3.9%増加しています。
また 8月のニューヨーク市のホテル稼働率は83%であり、
アメリカ全体の平均63%を大きく上回っています。
この新しいパートナーシップにより、ニューヨーク市観光局と約250もの契約ホテルは、
繁忙期の観光客誘致により多くの機会を得ることになりますね。

ニューヨーク市観光局CEOジョージ・ファティータによると、
予約ページはユーザーが日本からサインオンした場合は
日本語で表示されるため、Booking.comとの提携を通じ、
世界中からあらゆる趣向に対応するニューヨーク市のホテルリストに
簡単にアクセスすることが可能となりました。」

「またBooking.comマネージングディレクター、トッド・ダンラップは、
フレキシブルな"宿泊後支払い"の予約モデルや
24時間いつでも41言語で使用できるサービス等、
Booking.comは世界中の旅行客が世界を牽引する観光地であるニューヨーク市を訪れるための優れたホテル予約サービスを提供し、
5行政区を網羅するブティックホテルから5つ星のラグジュアリーホテルにいたるまで、
続々と増え続けるあらゆるホテルを取り揃えていくと述べています。」

imagesCA5MVCXF.jpg

ニューヨーク市に訪れる観光客は本年度末には5300万人に上ると予想されており、
ホテル業界においても記録的成長を続けています。
ニューヨーク市観光局はBooking.comとの提携を通じ、
旅行客がより身近にニューヨーク市への訪問を計画できる環境を整備して参ります。

******
ニューヨーク市観光局 (NYC & Company) について
ニューヨーク市観光局はニューヨーク市オフィシャルの
マーケティング、ツーリズム開発、
そしてパートナーシップを担う機関であり、
同市の5つの行政区(ブロンクス、ブルックリン、マンハッタン、クイーンズ、スタテン島)全域への
旅行需要の促進を通じ、経済発展と市のイメージの向上を世界的に構築する事を目的とします。

(ニューヨーク市観光局日本代表より)


人気ブログランキングへ

//

Comments:0

Comment Form

//

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://trip-with.me/mtos/mt-tb.cgi/676
Listed below are links to weblogs that reference
ニューヨーク市観光局とBOOKING.COMがパートナーシップ締結 from Trip with Me

Home > ニューヨーク市観光局とBOOKING.COMがパートナーシップ締結

Return to page top