Home > Airline > 全日空ビジネスクラスなどの新メニュー発表

全日空ビジネスクラスなどの新メニュー発表

  • Posted by: staff
  • 2012年10月30日 14:26
  • Airline

全日空は12月より、欧米路線のビジネスクラスと国内線のプレミアムクラスで、

新機内食メニューを導入すると発表しました。


国際線では、着陸前のアラカルトメニューの一つについて、

ミシュランの1ツ星を獲得している

マンダリンオリエンタル東京のレストラン「シグネチャー」が監修します。

また、国内線ではプレミアム茶房(Premium SABO)として、

セントレジスホテル大阪の監修メニューを提供するとのことです。

このうち、国際線の新メニューでは、

「ジュニパーベリーが香るビーフコンソメに京人参のクリーム 赤ワインのエッセンス」、

「シリアルとパルメザンのガトー スモークサーモンとアンディーブのブレゼ」

などを用意するとのことです。


一方、国内線では、クロックムッシュまたはフォカッチャに、

午前便はトルティーヤロールやデザートなど、

午後便は焼き菓子などを詰め合わせとして提供してくれます。


いずれも期間は12月から2013年の2月までの四ケ月間で、

対象路線は

国際線が日本発のアメリカ、ヨーロッパ線

(羽田/ロサンゼルス線と成田と羽田発着のホノルル線は除かれます)。

国内線の場合は羽田、伊丹、札幌、福岡発を対象としていますが、

それ以外の空港の出発便についても

一部メニューを提供する予定とのことです。


なお、プレミアム茶房は9時01分から11時29分までと13時01分から16時59分までの間に出発する便が対象となります。

//

Comments:0

Comment Form

//

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://trip-with.me/mtos/mt-tb.cgi/471
Listed below are links to weblogs that reference
全日空ビジネスクラスなどの新メニュー発表 from Trip with Me

Home > Airline > 全日空ビジネスクラスなどの新メニュー発表

Return to page top