Home > アメリカ・カナダ > 私を旅行へ連れてって☆その4 カナディアンロッキーⅠ

私を旅行へ連れてって☆その4 カナディアンロッキーⅠ

今回は北アメリカ大陸にトリップ♫

暑い夏には、

マイナスイオンたっぷりの

カナディアンロッキーを走る旅などはいかがでしょうか。

北アメリカ大陸の西部を南北を連なるロッキー山脈は

1000~3000メートルの山々がそびえたっています。

北側からのアクセスはエドモントンから。

多くの観光客は

バンクーバーからもアクセスしやすい

南側のカルガリーから入っています。

自信のあるかたは数多くあるレンタカーショップで

車を借りて縦断してはいかがでしょうか。


かなでぃあんろっきー1.JPG

カナディアンロッキーの脇を走る道は

ただただ一本道で迷う心配もありませんよ。

もちろん、車線は日本と反対通行ですので

そこはご留意ください!

至る所にあるスペースに車を停めて

ただただその空気を吸い込むだけで

体の底からデトックスされていくかのようです。

ただし! 気を付けたいのは街頭などはございませんので

日暮れ前には目的地に着きましょう!

真っ暗になってしまったが最後!

暗闇の山中からギラリと光る2つの目!!

獰猛な動物たちに襲われませんように!!!

もちろん、冗談です♫

主な街は、バンフ、レイクルイーズ、ジャスパーの3つ。

もっとも栄えているのが、南からの玄関口となるバンフ。

ばんふ2.jpg

メインストリートにはホテルやお土産屋がたちならび、

その背景には大きなカナディアンロッキーが連なるという

美しい景観の街です。

お薦めは街の外れにある、サルファーマウンテン。

ロープウェイを降りて少し遊歩道を歩くと、

驚くような壮大な景色が広がっています。

ここは冬でもスキー目当ての観光客でにぎわっています。

ウィスラーマウンテン.jpg

10キロというロングコースもあるというので

スキー、スノボーファンのかたは冬のバンフもお薦めです。

バンフから北へ車を走らせます。

すると、あっという間に2番目の街へ到着。

レイクルイーズです。

そして、レイクルイーズと言えば、

フェアモント・シャト―・レイクルイーズ。

美しい湖のほとりにたたずむ白亜のホテルです。

こちらではお部屋が

マウンテンビューとレイクビューに分かれています。

もしお泊りの際は、

多少奮発してもレイクサイドへ♫

残雪の美しいマウントビクトリアと

レイクルイーズの奇跡のコラボレーション。

ダブルマネーを出す価値は十分です!

レイクルイーズとはまた違った表情の美しさを見せてくれるのは

ペイトレイクです。

レイクルイーズから北へ約50キロほど。

ぺいとれいく.jpg

「Oh My God!」と思わず叫びたくなるその美しさ。

傾斜を登っていくと、その眼下に

7色の輝きを帯びたエメラルドグリーンの湖が!

思わず息をのむほどです。

ペイト氷河から流れ出た沈泥がその神秘を生み出しているそうです。

さらに北へまいりましょう。

続きはまた明日♫

//

Comments:0

Comment Form

//

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://trip-with.me/mtos/mt-tb.cgi/399
Listed below are links to weblogs that reference
私を旅行へ連れてって☆その4 カナディアンロッキーⅠ from Trip with Me

Home > アメリカ・カナダ > 私を旅行へ連れてって☆その4 カナディアンロッキーⅠ

Return to page top