Home > アジア > 私を旅へ連れてって☆ミニガイド その1 台湾(アジア編)

私を旅へ連れてって☆ミニガイド その1 台湾(アジア編)

  • Posted by: staff
  • 2012年6月26日 11:40
  • アジア
台湾ミニガイド。

まずは、基礎知識から。

東京から飛行機で約3時間。沖縄からは約1時間という身近な台湾。

人口は約2300万人、面積は九州よりもわずかに小さいぐらい。

東シナ海に浮かぶ島です。

島のほぼ中央部に北回帰線が通っていることから、

北部が亜熱帯気候、南部が熱帯気候に属しており、

高温多湿。とくに南部は短い冬、長い夏となっています。

中国の統一国家であるため記述はChinese Taipeiとされます。

首都は台北一。民族は98%が漢民族、2%が台湾原住民です。

公用語は中国語(北京語)です。

たいわん.gif

台湾本島は4つの地域に分かれています。

北部、中西部、南部、東部。

それぞれのガラリと違った表情を持っているのが魅力。


まず、台湾北部は...。

高い経済社会が広がっている台北市。

台湾で最も発展している大都市です。

ハイクオリティなショッピング、

手ごろな価格で楽しめる屋台グルメなどなど、

大都市ならではの観光を楽しむことができます。

そして、何といっても世界的な国立故宮博物院があります。

世界四大博物館の一つともいわれる故宮博物館で

お時間のあるかたは丸一日かけて

ゆっくりご覧になってはいかがでしょうか。

故宮.jpg


東海岸に沿った花蓮、台湾東部は...。

太平洋の親潮と黒潮が交わるところに位置する東部の海岸。

豊かな回遊性魚類が集まってきます。

その中にはクジラやイルカも。

意外にも台湾はホエールウォッチングの穴場スポット。

成功率も高いのです。

海に沿った東部は自然の恵み豊かなエリアです。

くじら.jpeg

台湾南部は......。

有名な観光地、高雄を擁する南部。

かつては玄関口の台北市から飛行機で飛ばなくてはなりませんでしたが、

2007年に日本の技術が導入され、新幹線が開通。

台北市から約2時間で手ごろに高雄観光が楽しめるようになりました。

立ち並ぶ高層ビル、湖と寺廟を楽しめる蓮池潭。

屋台の立ち並ぶ夜の歓楽街も楽しめます。

郊外には台湾最大のアウトレットモールがオープンしました。

新幹線.jpg


そして、台湾中西部......。

南部と北部の大都市に囲まれた中西部は

台湾最大の湖、日月潭が中央部に広がり、

穏やかで落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

みずうみ.jpg

楽しみがギュと一つの島に凝縮された台湾。

親日家も多く、

日本の文化が浸透していることにも驚かれることでしょう。

//

Comments:0

Comment Form

//

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://trip-with.me/mtos/mt-tb.cgi/390
Listed below are links to weblogs that reference
私を旅へ連れてって☆ミニガイド その1 台湾(アジア編) from Trip with Me

Home > アジア > 私を旅へ連れてって☆ミニガイド その1 台湾(アジア編)

Return to page top