Home

Trip with Me

フィンランド流ハッピーになれるスポットを発表! 〜世界⼀幸福な国フィンランドで幸せになる秘訣がわかるかも?〜 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フィンランド流ハッピーになれるスポットを発表! 〜世界⼀幸福な国フィンランドで幸せになる秘訣がわかるかも?〜

  • Posted by: staff
  • 2018年3月26日 16:19

フィンランド政府観光局からのご案内です。
本サイトは海外への個人旅行の方々への情報提供サポートを行っています。

=======================

2018 年3 ⽉14 ⽇、国連は、「世界幸福度報告書2018」を発表し、
フィンランドが世界幸福度ランキング1位に輝きました。
これを記念し、Visit Finland は、⽇本⼈の観光客に⼈気の⾼い
ヘルシンキでフィンランド流ハッピーになれるスポット7 選をご紹介しています。

世界⼀幸福な国にフィンランドが選ばれた背景には、森や湖などの豊かな⾃然を⾝近に感じられること、
そして、ささやかな幸せを家族や友⼈と分かち合う⽂化が根付いているといった点も
無縁ではないかもしれません。
今回は、そんなフィンランドの⼈たちが、愛して⽌まないスポットを中⼼にご紹介します。
暮らすように旅をしながら、世界⼀幸福なフィンランドの⼈たちから、
フィンランド流、幸せのヒントを探してみてはいかがでしょうか。

<フィンランド流ハッピーになれるスポット7選!>
0.jpg
l カフェ・レガッタでコーヒーとシナモンロールをヘルシンキ市内にありながら、
都会の喧騒をのがれ、のんびりとした時間を過ごすことができるカフェ・レガッタ。サマーハウスを思い起こさせるような建物は中に⼊るとノスタルジーを感じさせる内装にほっこりとしてしまいます。海に⾯しているので、晴れた⽇はすてきな眺めも楽しめます。そんな場所で友⼈とコーヒーとコルヴァプースティ(シナモンロール)を楽しみながら過ごすひとときは、まさにフィンランド流すてきな休⽇といえるでしょう。
ここを訪れたゲストはみんな笑顔で帰ると⾔われています。

l ヘルシンキの群島 ロンナ島とヴァッリサーリ島ですてきな休⽇を満喫
1.jpg
フィンランドには、⼤⼩さまざまな島々があり、群島を巡るクルーズ、サイクリング、そして、群島でのピクニックはフィンランドの⼈にとってのまさに憩いの時間です。ヘルシンキにも、ユネスコ世界遺産であるスオメンリンナ島を初めとし、300 以上もの群島があります。
そんなヘルシンキでお勧めしたいのが、遊覧船JT ラインに乗船しながらのアイランド・ホッピング。
スオメンリンナ島のすぐ近くにあるヴァッリサーリ島(Vallisaari)とロンナ島 (Lonna Island)は、それぞれ2014 年、2016 年に⼀般公開されるまで元々軍事⽬的で使⽤されていた島で、観光客にはまだまだ知られていませんが、
地元ヘルシンキっ⼦に⼈気のとっておきの場所です。フェリーに乗船する前にマーケット広場で、ベリーやスナップエンドウを買って、島での即席のピクニックを楽しむのもよし、ハイキングを楽しんだり、ロンナ島にあるワッフルバーや2017 年に海岸沿いにできた新しいサウナでくつろぐのもよいでしょう。
(※両島への上陸は夏期のみになり、JT Line のフェリーの運航は、今年の5 ⽉1 ⽇から再開されます)。
l カイヴォ・プイストでランチ 海岸線をのんびりと散歩
2.jpg
ヘルシンキ市内には⼤⼩さまざまな公園がありますが、海岸
沿いの⼩⾼い丘が特徴のカイヴォ・プイスト(Kaivo Puisto)はヘルシンキ市⺠にも⼈気がある公園のひとつです。公園内にある⼩⾼い丘を登ると、スオメンリンナ島を初めとし、ヘルシンキの海や群島を⼀望できます。真っ⽩な桟橋や海岸沿いをのんびりと歩くルートは散歩にも最適で、地元の⼈が歩く姿もよく⾒かけます。公園の近くの海沿いには、すてきなカフェやレストランがたくさんあり、カフェ・シャンパンバーであるMattolaituri、映画「かもめ⾷堂」にも
登場したCafé Ursula、ピザレストランSkiffer などは、夏場は特に地元の⼈がこぞって訪れます。しかし、地元の⼈の⼀番の楽しみはというと、夏場に海岸沿いのアイスクリームスタンドで買ったアイスを⾷べながら、海岸を⾏きかうボートを眺めながらのんびりすること。また、夏場には、ラグ、カーペットを海⽔で洗うため、地元の⼈たちが公園内の洗い場に集まり、それが⼀⾵変わった夏の⾵物詩ともなっています。5 ⽉1⽇のVappu(メイデー)には、春の息吹あるいは夏の訪れを求めて、ピクニックをする⼈でいっぱいになります。
l ヌークシオ国⽴公園でカヤックを楽しみ、マッカラ(焼きソーセージ)を味わう
3.jpg
⾸都ヘルシンキから⾞で1 時間もかからないところには、ヌークシオ国⽴公園があり、特に週末になると、家族連れや友達同⼠でやってくる地元のフィンランド⼈でいっぱいになります。国⽴公園内には多くの湖があり、整備された3つのメインハイキングコースでは、それぞれ表情の違った国⽴公園の景⾊を楽しむことができます。また、カヤックやスイミングなど⽔辺でのアクティビティーや、⾃然の恵みであるベリーやキノコ、ハーブの採集などを通じて、⼤⾃然を⾝近に感じながら⽣きるフィンランドの⼈の⽣活を垣間⾒ることができます。ヌークシオ国⽴公園を歩くと、ピクニックをする⼈々の他に、ラーヴという⽕を起こせる場所で、マッカラ(フィンランドのソーセージ)をグリルしている⼈たちをよく⾒かけます。このグリッリ・マッカラ(焼ソーセージ)は、フィンランドの⼈たちの夏には⽋かせないものです。フィンランドの⽢いマスタードと⼀緒にいただくとよりフィンランドらしさが味わえるかもしれません。また、国⽴公園内にある⾃然センター/ビジターセンターであるハルティア(Haltia)は、フィンランドの⾃然について学べる展⽰を⾒ることができるのと同時に、フィンランドの⾷材を使ったビュッフェが⼈気です。国⽴公園の美しい眺めを満喫しながら思う存分フィンランドの⾃然を味わってみましょう。ハルティアでは、カヌーやレインギアなどのレンタルも⾏っています。
l ヒエタラハティ―のマーケットホールでローカルフードと蚤の市をエンジョイ
4.jpg
ヘルシンキには3つのマーケットホールがありますが、ヒエタラハティ―のマーケットホールは、その中でも隠れた⼈気スポットです。特にマーケットホールは、国際⾊豊かな料理を⾷べることができることで地元の⼈に有名です。
ホールにはフィンランド・デザインのテキスタイルがつりさげられており、とてもポップ。スープ専⾨店の
Soppakeittiö(ソッパケイッティオ)や精⾁店が提供するハンバーガーで有名なRoslund は地元の⼈にも愛されてい
る⼈気店です。また、ヒエタラハティ―でもう⼀つ有名なのが、マーケットホールの前の広場で⾏われるフリーマー
ケット。フィンランドの⼈は、フリーマーケットが⼤好きで、特に週末は地元の⼈でとてもにぎわいます。イッタラ
やアラビアのアンティーク⾷器、洋服など様々なものが売られており、掘り出し物を⾒つけることができます。フィ
ンランドでは年に2 回「クリーニング・デー(Siivouspäivä)」という⽇があり、あちこちでフリーマーケットが開かれ、誰でも参加することができます(次回のクリーニング・デーは5 ⽉26 ⽇です。)。また、屋内にあるフリーマーケットも⼈気で、トーロー地区(Töölö)にあるフィンランドデザインのビンテージ・クローズで有名なRelove やビンテージの⾷器類で有名なAstialiisa は特に⼈気があります。
5.jpg

l フィンランドの⼈たちと⼀緒に新旧サウナを楽しむ
6.jpg
ヘルシンキには、たくさんのパブリックサウナがあり、地
元の⼈も多く集まります。特に海沿いにあるサウナでは、クールダウンをするためにサウナから出てきたあとそのま
ま海に⾶び込む地元の⼈たちを⾒ることができるでしょう。フィンランドの⼈にとって、サウナは社交の場でもありま
す。近年できたおしゃれなデザイン・サウナ ロウリュや屋外プールも併設されているアッラス・シープールには、レ
ストラン・カフェも併設されており、サウナを気の置けない仲間たちと楽しんだ後に、海⾵を感じながらゆったりとした時間を過ごしたり、ライブミュージックなども楽しむことができる、ヘルシンキ市⺠の新たなホットスポットです。ディープなフィンランド・サウナで地元の⼈との交流を楽しんでみたい⽅には、昔ながらのコティハルユ・サウナ(Kotiharjun Sauna)がお勧めです。地元の⼈たちがビールを飲みながらクールダウンをする姿は、まさに、フィンランドのサウナ⽂化の象徴といえるでしょう。そのほかにも⽇本⼈デザイナーとフィンランド⼈建築家のご夫婦が設計し経営もしているカルチャーサウナ(Kulttuurisauna)やヘルシンキ市⺠のボランティアによって運営されているポ
ップな外観がかわいいソンパサウナ(Sompasauna) も地元の⼈に⼈気です。

l 美しい建築も堪能できる「市⺠のリビングルーム」 図書館を訪れてみる
7.jpg
フィンランドの⼈々は読書が⼤好きです。図書館での本の貸出数は世界でもトップレベルを誇り、図書館はその中⼼的存在です。2016 年には、Worldʼs Most Literate Nation(世界で最も識字能⼒が⾼い国)にも選ばれました(注)。フィンランドの図書館に⾏ってみれば、近年その教育制度も注⽬されるフィンランドの⼈の新たな側⾯を⾒ることができるかもしれません。そして、フィンランドの図書館でもう⼀つ注⽬すべき点は、美しい建築そしてインテリアを⾝近に感じることができるという点です。⾃宅のリビングルームのように市⺠が快適に過ごせるよう、図書館のインテリアにはさまざまな⼯夫がされているといいます。特に、2012 年にオープンしたヘルシンキ⼤学図書館 カイサハウス(Kaisa House)はフィンランド・デザインを堪能できるすてきな図書館です。曲線が美しい建物の外観や、デザイナーチェアに座りながら美しい窓から眺めるヘルシンキの街の眺めは、特別な時間となるでしょう。また、ヘルシンキ⼤聖堂の程近くにある、フィンランド国⽴図書館は、19 世紀初頭の帝政様式の重厚な建物とその内装にきっと⽬を奪われることでしょう。

Visit Finland について
Visit Finland は、観光に関する国家機関であり、フィンランドへの海外旅⾏を積極的に推進しています。Visit Finland は、旅⾏業界をサポートし、海外マーケットでプロダクトやサービスを開発する事業や団体を⽀援しています。2016 年には、輸出収益における39 億ユーロと同等の収益が、外国⼈旅⾏客によりもたらされました。Visit Finland は、Business Finland のグループ機関です。
Business Finland は、フィンランドのイノベーション・ファンディング、貿易、投資および旅⾏の推進機関であり、ヘルシンキに拠点を置いています。また、フィンランド政府から100%出資を受けており、世界中の40 か所の事務所で600 名の専⾨家を擁し、フィンランド国内にも20 か所の地⽅事務所を有しています。Business Finland はTeam Finland ネットワークの⼀機関です。 www.businessfinland.com
下記SNS でも積極的に情報提供を⾏っております。ぜひご覧ください。
Visit Finland サイト:http://www.visitfinland.com/ja/
Visit Finland 公式Instagram:https://www.instagram.com/visitfinlandjapan/
Visit Finland 公式Facebook:https://ja-jp.facebook.com/visitfinland.jp/
Visit Finland 公式Twitter:https://twitter.com/visitfinlandjp?lang=ja

リトアニアが観光先として大躍進! このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - リトアニアが観光先として大躍進!

  • Posted by: staff
  • 2018年3月13日 14:53


当サイトではツアーや海外出張者の観光を応援しています。
今日はリトアニア政府観光局様よりのご案内です。
=======================

東欧のリトアニアが旅行先として躍進しています。

e564cbdc-17c2-4e1c-9d3a-668af52ed963.jpg

リトアニアに1泊以上滞在した外国人旅行者数が155万人を突破(宿泊数は335万泊)
日本人観光客は23,028人、2016年度に比べ1.6%増の伸び

2017年度、リトアニアに1泊以上滞在した外国人旅行者数は155万人を突破し、2016年度より4.3%増加という結果となりました(宿泊数は335万泊で4.9%増)。
日本からの観光客は23,028人で1.6%の増加(37,412泊)。観光を含むリトアニア産業の成長率は前の年に比べ6.6%の上昇を記録しました。

旅行者における国別のリトアニア宿泊施設の利用者数は、ベラルーシ(174,894人)、ドイツ(171,099)、ロシア(162,895人)、ポーランド(154,631人)、ラトビア(148,427人)、ウクライナ(83,193人)、英国(66,365人)、エストニア(61,715人)、イタリア(39,890人)となっており、上位10位までのマーケットがリトアニアのインバウンド観光市場の71%を占めている数字となっています。
アメリカ合衆国からの観光客は43,027人となり、2016年より21.9%増という驚異的な伸びを記録しました。これによりアメリカはリトアニアのインバウンド観光マーケットのトップ10に初めてランクインしました。

e0857029-723e-4d3c-aaf3-80bf4e1efd46.jpg

また、イスラエルからの観光客数は3.8%増(20,445人)、中国は33.4%増(15,996人)、リトアニア人による国内旅行者数(1泊以上)は138万人を記録し9.4%の増加でした。

概して、2017年は国内外の観光客による宿泊施設の利用が674万泊を超え、2016年に比べ5.6%の伸びとなりました(田園ツーリズムを除く)。滞在日数の平均は2.3日ですが、イスラエルからの観光客は4.7日で平均滞在日数を大幅に超えています。


人気ブログランキング

リトアニア独立100周年を祝って このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - リトアニア独立100周年を祝って

  • Posted by: staff
  • 2018年2月27日 22:56

今日はリトアニア政府観光局様よりの案内です。


2018年はリトアニアが独立して100周年。一緒にお祝いしましょう!

リトアニアにはたくさんの訪れるべき場所があります。

旅行者数が年々10%以上増加していることがリトアニアを訪れる価値があることを証明しています。

そして今年はリトアニアを選ぶ理由が100倍に増えるでしょう!

なぜなら数百ものイベントや展覧会、そして他の年には見ることのできない100周年特別イベントが多数計画されているからです。

ぜひ祝賀ムードのリトアニアへお越しください!

http://www.lietuva.lt/100/en/lithuania-celebrates-100 


リトアニア - 観光省は、リトアニアの歴史をより深く知りたい方のために、

訪れる価値があり、旅程を立てるのに役立つ場所を示す

インタラクティブ・マップを作成しました。

ルート機能は、1918年から1923年までの独立における重要な回復期に関連する

リトアニア・ラトビア・ポーランドの100年の歴史や文化、自然などに関する項目があります。

ぜひご利用ください。

URL:https://simtmeciomarsrutas.lt/en/


今年のビッグイベントは、なんといっても歌の祭典でしょう。

4年に一度開催される国を挙げてのイベントは、

UNESCO無形文化遺産にも登録されています。

今年は独立100周年にあたる年。記念の年に開催される歌の祭典は通常よりも盛大なイベントになると思われます。

別名 'Lithuanian Art Olympics' と呼ばれ、

リトアニア中から参加するシンガーやダンサーたちが身に纏うカラフルな伝統衣装も必見です。

祭典のチケットは3月上旬に販売が開始されます。

プログラムやチケット情報は公式サイトよりご確認ください。

開催日:6月30日から7月6日

公式サイト:http://www.dainusvente.lt/en/ 


douga.jpg

(リトアニア政府観光局様提供の動画は画像をクリック)


冬季スポーツと言えばザルツブルグ このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 冬季スポーツと言えばザルツブルグ

  • Posted by: staff
  • 2018年2月25日 23:32

ザルツブルグ市観光局からの案内です。

冬季オリンピックは終わりましたが、本日は注目ザルツブルグで注目されているアスリートの紹介です。


●アリサ・ブッヒンガー:強力な女性が今後のザルツブルク市の宣伝を担う

●ハリー・プロイナー市長も親善大使誕生に満面の笑み

世界空手道選手権大会覇者がザルツブルク市観光局の親善大使に就任
ザルツブルク市観光局はこの度、素晴らしい活躍を見せるアスリートのアリサ・ブッヒンガーさんをザルツブルク市観光宣伝の親善大使として迎えることになりました。ザルツブルク出身で25歳のブッヒンガー選手は世界空手道選手権で優勝し、現在、世界空手連盟における女子組手部門68㎏級で世界ランキング1位です。2017年には、ザルツブルク州で最も活躍したスポーツ選手にも選ばれました。観光地として成功を収めているザルツブルク市が、2020年に日本で開催されるオリンピックに向け、ブッヒンガー選手を伴走することになりました。

共に成功するためにタッグを組む
若いアスリートのブッヒンガー選手はソーシャルメディアを中心にザルツブルク市観光局のために活動します。強い女性として、目標に向かって頑張るアスリートとして、そしてプライベートでは社会貢献に熱心なアリサ・ブッヒンガーさんは、情熱があり、粘り強く、思いやりのある人物です。ザルツブルク市観光局でも、こういった姿を見せていきたいと考えています。同時に、アリサ・ブッヒンガー選手は、今回のパートナーシップによって、美しさと多面的な魅力を持つことで世界的に知られる故郷ザルツブルクとの絆を強めています。ザルツブルクのハラルド・プロイナー市長は「素晴らしい才能を持ち、成功しているザルツブルク出身のアスリートであるアリサ・ブッヒンガー選手を支援できることは喜びであり、また誇らしいことです。この協力関係は双方にとってプラスになります。長年宣伝を続けてきた市場において、ブッヒンガー選手のおかげで、キャンペーンも若がえります」と話しています。

ブッヒンガー選手は世界各地に登場
ブッヒンガー選手のカレンダーは予定がぎっしり詰まっていますが、ザルツブルク市観光局との提携は理想的にかみ合っています。この中で、まず空手と縁の深い国に重点が置かれます。例えば日本。ザルツブルクは、モーツァルトやカラヤンといった有名人を輩出した町として、以前から日本ではよく知られており、日本人は所得も高く旅好きでもあります。この他ブッヒンガー選手は練習地や大会が開催される場所でも、モーツァルトの都の宣伝をおこなうことになっています。2018年3月にはスロバキアで空手グランプリ大会、2018年5月にはノヴィサド(セルビア)で欧州選手権が、そして11月にはマドリードで世界選手権が開催されます。ブッヒンガー選手は2020年の東京オリンピックに向け階級を変更するため(61kg級)、今後は新しい階級で世界ランキングポイントの獲得に努めます。

社会貢献が大きな強み
アリサ・ブッヒンガー選手はここ数年、空手選手としての目ざましい活躍の他、社会貢献にも熱心であることがよく知られています。インドで護身のための講習を実施し、子どもを暴力から守る活動の提案者でもあります。このような幅広い、メディアも注目する活動によって、ブッヒンガーさんはザルツブルクにとっても理想的な親善大使なのです。

zarutuburugu.jpg

左から、ザルツブルク市観光局 局長 ヘルベルト・ブルッガー、アリサ・ブッヒンガー、ザルツブルク市 市長 ハラルド・プレイナー

上記の詳しい情報をお尻になられたい方は以下にお問い合せ下さい。

Tourismus Salzburg, Auerspergstraße 6, 5020 Salzburg, Austria,
Tel.: +43/662/889 87 - 0, Fax: +43/662/889 87 - 32, www.salzburg.info, #visitsalzburg
Pressekontakt:
Mag. Martina C. Trummer, Tel.: +43/662/889 87 - 605, presse@salzburg.info
Stephanie Staudhammer, MA, Tel.: +43/662/889 87 - 604, presse@salzburg.info

日本からフィリピン・クラークへの直行便が就航 2990円で! このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 日本からフィリピン・クラークへの直行便が就航 2990円で!

  • Posted by: staff
  • 2018年1月26日 18:39

本日はジェットスター航空様からの案内です。

LCCとしての知名度は群を抜いているジェットスター航空ですが、

この度大阪からフィリピンのクラークへの路線が就航しました。

その就航記念価格が2990円!

日によってはフィリピンのマニラまでの便も2990円であるのですが、

新規にこの路線をあえて就航した理由は何でしょうか?

クラークは、フィリピンで最も大きい島・ルソン島のほぼ中央に位置するパンパンガ州アンへレス市街にあります。

長い間アメリカの空軍基地があり1991年にアメリカ軍は撤退しました。

そして1993年には特別経済区域に指定されました。

こう云う事から多くのアメリカ人が暮らしているなど、

基地があった頃の風景を数多く残しています。

現在は、アジア各地からクラーク国際空港に多くの直行便が運行されていましたが日本からは

クラーク国際空港までの直行便はありませんでした。

今迄はマニラなどフィリピンの空港で乗り継ぐ必要があり、マニラの空港からタクシーに乗るか、

空港の近くにあるパサイ地区から出発する長距離バスを利用するしかありませんでした。

リトルアメリカと呼ばれるクラークに一度訪問されてみると、フィリピンのイメージが変わるかもしれませんね。


JETSTARクラーク.jpg

申し込みは上の画像をクリックしてください。


人気ブログランキング

こちらもクリックしていただければ嬉しいです!


Index of all entries

Home

Return to page top